【女子必見】これでなにも怖くない。布ナプキンのすべて

《 エコ 》
スポンサーリンク

 

女性のみなさん生理用品どんなの使っていますか

 

ワーホリでオーストラリアに来た当初は絶対日本製!!と思って

スーツケースの四分の一は生理用品でいっぱいでした。

 

でもあのいつまでもサラサラなナプキンって

化学繊維で作られているんですよね。

 

NAE
NAE

こんにちは。布ナプキン歴3年

メルボルン在住のナエです。

 

最近では誰もが聞いたことのあるであろう

「布ナプキン」について、

私の体験談を元に

その快適さ・使いやすさをご紹介していきます

 

+毎月の生理がイヤでたまらない

+生理中のにおいかぶれが気になる

エコな生理用品に切り替えたい

+布ナプキン使ってみたいけど実際どうなの!?

 

これを読んだら

布ナプキンをつかってみたくなること間違いなし!

 

布ナプキンのこと

 

ものごとにはなんでも良い面悪い面がありますよね。

悪い面も知った上で、取り入れるのが大切なことですよね。

 

長女
長女

まずはデメリットからいってみよ~

 

・デメリット

みなさんの想像通りだと思います

 

初期投資が高め
一通りそろえようと思ったら$100くらいかな。枚数を減らせばもちろんコストも減ります。
紙ナプキンに比べて吸収性が悪い
私はもれたことはありません。量が多い人は気持ちこまめに変える必要があるのかも。
毎回洗う必要がある
私は自分で洗濯することが多いので布ナプキンの洗濯が増えても気になりません。
実家でお母さんや、自分以外の人に洗濯物をお願いしている人は抵抗を感じるかもしれませんね。
シェアハウスに住んでいる人も工夫が必要だと思います。
出先でも持って帰る必要がある
持ち帰り専用ポーチに入れればだいじょうぶ!
どうですか?
布ナプキン挑戦への一歩が遠ざかってしまいましたか・・・?
長女
長女

続いてメリットいってみよ~

・メリット

どんな良いことが想像できますか?

 

生理中のにおいがない、かぶれにくい
生理中の嫌なにおいって生理だから仕方がないと思っていませんか?
実は血液と化学物質が反応したにおいって知っていましたか?
布ナプキンに切り替えてからは本当ににおいが無くなりました。
紙ナプキンの時はムレてかゆくなったり、ゴワゴワ気持ち悪い感じが常にあったのですが、それもなくなりました。

 

ストックを気にしなくていい
紙ナプキン時代はセールになっていたら買いだめをしていましたが、布ナプキンがあればその心配はしなくていいですよね。

 

長年繰り返して使えるので経済的
数年は間違いなく使用できます。初期投資はかかりますが、結果紙ナプキンを買い続けるより安くついています。

 

ゴミが出ないので環境にやさしい
柄がかわいくてテンションが上がる

 

他にも生理痛が軽くなる周期が落ち着く量が減る

 

長女
長女

いいことしかないや~ん

 

 

思っていたよりメリットの方が多くないですか?

わたしはにおいかぶれなくなったのに感動しました。

 

次女出産後の悪露がひどい時、紙ナプキンを使った時がありました。傷口が化学繊維にふれて余計に痛くにおいもイヤですぐに布ナプキンにもどしました。

 

布ナプキン生活

 

最初に布ナプキンを始めて第一に感じたのは「あたたかい」でした。

口コミやサイトで「あたたかい」と感じる人が多いと書いてあって、「あたたかい」ってどんな感じ!?と思っていました。

 

紙ナプキンって肌にあたったら、冷たいっていうか、ごわっとした感じがありますよね。

 

それが布ナプキンだったらふわっと密着してくれます。

 

NAE
NAE

マフラーで首を温める感じに近いかも。

 

寒い冬の日は早く布ナプキンつけたいって思ってました。(笑)

 

いいこと尽くしの布ナプキンですが、

気になるのは始め方お手入れ方法ですよね。

 

・はじめの一歩

 いきなり100%布ナプキンにするのは難しいと感じる人が多いと思います。

 

長女
長女

そらそーだ

 

まずはライナーからかえてみませんか?

紙ナプキンと同じで布ナプキンにもいろんな種類があります。

 

【 日本のライナーたち 】

 

NAE
NAE

さすが日本!

かわいいのがいっぱい!

 

生理が始まりそうだなと思ったら念のためにつけておきますよね。

その使い捨てをやめるだけでゴミの量がめっちゃ減るはず!

 

とりあえずつけただけならそのまま洗濯するだけ

 

次におりもの生理終わりかけ

 

だんだん使う頻度を増やせればいいですよね。

 

その頃にはきっと布ナプキンの良さを身体で感じているハズ

 

それでもやっぱり不安な方は、重い日夜だけ紙ナプキンを使用し、布ナプキンと併用するのが一番だと思います。

 

NAE
NAE

楽しく無理なく続けるのが一番!

 

・お手入れ方法

せっかく布ナプキン/オーガニックコットンを使っているのに化学的洗剤(合成洗剤)を使うとオーガニックコットンの意味がなくなりますよね。

 

洗濯洗剤に関してはコチラ

 

布ナプキンやってみたいけど洗うのめんどくさそ~と感じている人…

 

NAE
NAE

ズボラ代表の私が

続けられているやり方教えます!

 

① バケツにドクターブロナー(もしくは洗剤)を少しいれます
② お湯を勢いよく入れて泡立てます
③ 汚れたナプキンをポイポイいれていきます
④ 普段の洗濯物と一緒に洗います

 

長女
長女

こっちゃんでもできる~

 

出血量が多い時はバケツに入れる前にある程度もみ洗いしてからバケツにポイ

 

慣れるまで少し抵抗を感じるかもしれませんが

大丈夫、すぐに慣れます。(笑)

 

それより布ナプキンが快適すぎて紙ナプキンに戻れなくなりますよ。

 

日本の場合、お風呂にバケツを置いておいて、入浴の際に予洗いしてもいいですよね。

 

使い終わったらクルクルまるめてゴミ箱にポイ

 

よりかは手間がかかると思います。

そのゴミが何百年と残り続けてしまうことを考えたら…

 

すこしの手間ならかけられる思いませんか?

 

それでいて自分の身体にも

嬉しいことがたくさんあるって最高ですよね

 

 

オーストラリアの布ナプキン【3選】

 

オーストラリア(日本からでも)購入できる私のおすすめを紹介します

・ハンナパッド

オーストラリアだけでなく日本でも有名ですよね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hannahpad JAPAN(@hannahpad_japan)がシェアした投稿

 

 

NAE
NAE

なんといっても柄が可愛い!!

 

Hannahpad

ハンナパッドで使用するオーガニックコットンは、OCS(Organic Cotton Standard)という国際認証基準を受けました。OCSは2013年から有機栽培の完成品対する評価基準として現在、全国の国際認証機関で使用されています。100%オーガニックコットンで、防水コーティングも環境にやさしい素材気体は通すが、液体は通さない工夫が施されています。

ホームページより>

 

 

横漏れ防止にボタンがついているので下着からずれる心配がない
サイズ展開も豊富

 

Hannahpad Mini Starter Set (4 Piece Set), 4 count

Hannahpad Organic Pantyliner Sanitary Cloth Pad (2 Pack) Extra Grip, Pantyliner 2 count

・BARE and Boho

布おむつやエコなステインクリーナーまで取扱いしてます

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bare and Boho(@bareandboho)がシェアした投稿

 

NAE
NAE

オーストラリア、ブリスベン発なのがいいね!

 

BARE and boho

平均的な女性は、使い捨ての生理用品に年間約120ドルを費やします。これは、月経周期の寿命だけで、平均$3500〜5000になります。オーストラリアでは、年間8億個の使い捨てのパッドとタンポンが販売されており、パッド市場の75%を占めています。私たちの目標は、日常生活の代替案を提供し、よりマインドフルなライフスタイルへ家族を支援することです。

<ホームページより>

 

 

ナチュラルテイストがかわいい
オーガニックコットンでサイドにボタン付き
他にも布オムツや母乳パッドもかわいくていい感じ

 

・JUJU 

Simple is the best といった感じ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

JuJu Reusable Period Care(@juju.australia)がシェアした投稿

 

NAE
NAE

エコバックなんかも売ってるよ~

 

JUJU Period Care

JUJUの布パッドは、非常に柔らかい綿を使用して、手作業で丁寧に作られています。月経、分娩後の出血、タンポンを使用するときのバックアップとしても使えます。産後の尿漏れ対策にも使用でき、従来の使い捨て生理用ナプキンの環境に優しい代替品です。

<ホームページより>

 

ほかの物に比べ値段が安い
シンプルなので誰でも持ちやすい

最近ではハンドメイドの布ナプキンもたくさん販売されています。

マーケットなどで探してみるのもいいかもしれませんね。

 

エコな生理用品【5選】

 

布ナプキンは少しハードルが高いけど、

エコな生理用品だったら使ってみたい

と思っている人におすすめなのはコチラ

 

・TOM Organic

タンポンから日常の生理用品、マタニティまでラインナップが豊富

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOM Organic(@tomorganic)がシェアした投稿

 

最近話題!?の

ショーツにナプキンが取り付けられている Peiod brief というのも発売されています。

 

TOM Organic Ultra Thin Panty Liners, 26 count

TOM Organic Regular Tampons, 32 count

 

・BAMBOO BABE

プラスチックフリーの生理用品

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bamboo Babe(@bamboobabe_aus)がシェアした投稿

 

100%オーガニックの竹の繊維から作られています。

各商品の5%が小児ガンの寄付にあてられています。

 

・TSUNO

パッケージがカラフルで目をひきますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsuno(@_tsuno_)がシェアした投稿

 

利益の50%を発展途上国の女性の教育や月経のサポートの寄付にあてられています。

 

Tsuno Bamboo 20 Pantyliners, 20 count

 

・JUUNI

スタイリッシュなパッケージが印象的

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Carlz J Söda – Photographer(@carlzjsoda)がシェアした投稿

 

タンポンは bleach-free(無漂白) pesticide-free(無農薬)でもちろんオーガニックコットンからできています。

100%コンポスト可能

 

 

・Cottons

100%ケミカル(化学物質)フリー

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cottons(@thisiscottons)がシェアした投稿

 

オーストラリアで初めて100%コットンのタンポンを作った会社だそうです。

 

 

ちょっと調べただけでこんなにたくさんの身体にも地球にも優しい商品があります。

 

長女
長女

『買い物は投票』だね

 

 

これらすべてはオーストラリアのスーパーマーケット woolworth 、Coles 、薬局などで買うことができます。

 

 

生理用品が必要なくなる!?

 

最近「月経カップ」というのをよく聞きます。

 

《 月経カップ 》

シリコンで出来た小さなカップ。直接タンポンのようにいれて4〜12時間ごとに(流量に応じて)、カップを取り外し、空にし、すすぎ、再度使います。10年ほど連続使用できるものもあるようです。

 

私はまだ使ったことがありません

 

NAE
NAE

タンポンも苦手です。。。

 

同じものを何年も使えてゴミも出ずエコ的には凄く良いですよね。

 

ただ、メリットがあればデメリットもあるように

カップがとれなくなった
慣れるまで挿入に時間がかかる
不快感がある

など。

 

もちろん何も不便なく使っている人も多いです。

 

だけど私は

異物を身体に入れて本来なら出すべき物(血)を体内にためておく

というのに抵抗があります。

 

そんな時に月経コントロールというのを知りました。

 

月経!?コントロール!?と思いますよね。

むかし、むかーーーしの女性たちが一般的に行っていた方法です。

トイレで排泄時と一緒に血を出すこと。

自分で意識的に筋肉を使って外に出すのを止め、出していい時にだす。

 

長女
長女

トイレトレーニングみたい!

 

これができたら布ナプキンを一応使う…レベルになって

洗濯も楽になるし言うことなし!

 

NAE
NAE

月経コントロール、修行します!

 

いつかこれに関して記事に出来たらいいなとおもっています。

 

まとめ

・布ナプキンはメリットがたくさん

・においとかぶれに関しては感動もの

・長い目で考えれば初期投資もたかくない

・洗濯もコツをつかめば簡単

・100%変える必要はない

・布ナプキンが難しい人はエコな生理用品に切り替えよう

・人にやさしい選択が地球にも優しい選択になる

 

私もまだ布ナプキン歴は浅く、妊娠期間もあるので使っていない期間も長いですが、あの気持ちよさを皆さんにも知ってもらいたいし、これからの新常識になると思うのでシェアました。

 

家族
家族

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました