【渡豪歴8年】オーストラリア在住の私が感じる海外生活とは

《 AUS ・ 観光 》
スポンサーリンク

 

8年前20代前半だった私は、ユニクロのピンクのタンクトップのロングワンピース(当時かなり流行ってた)にバックパックひとつスーツケースひとつで関空にいました。

 

(これは私の海外旅行あるあるなのですが、、、)

チェックインカウンターでスーツケースを預ける際に重量オーバーでした。それも結構。

焦ってその場でいろんなものを機内持ち込みのバックパックに詰め込んだんですね。(母と一緒に)

 

 

NAE
NAE

こんにちは。メルボルン在住歴8年

今では二児ママのナエです。

 

で、ギリギリまで母と(当時付き合ってた彼氏も一緒に)たこやき食べていました。

もう行かなヤバいということで、涙する母をなぐさめ(当時の彼氏にも別れを告げ)、手荷物検査へ向かいました。

 

すると私の荷物が何回も何回もスキャンされます。。。

「中に液体は入っていませんか?」

……

そうです。

スーツケースから荷物移動させたときにガッツリ!クリームとか、化粧水とか入れていました。あはは

しかも着いたら寒いからと思ってなぜかアグーのブーツを機内持ち込みにしてて、その中に入れてたんですね。

 

液体あかんっていうけど、少しなら大丈夫やろ~
ブーツに隠しといたらバレへんやろ~

って本気で思っていました。

 

 

長女
長女

もう、マミーったら…

次女
次女

オオバカモノ…

 

処分しますか?

外のゲートに預けられる方はいますか?

と聞かれたので、心配そうに一部始終を覗きこんでいた母に今度は私が半泣きになりながらすべてを預けました。

 

そんなことをしていると本当に時間がなくなって猛ダッシュ!!!!

呼び出しもされるし、余韻に浸るヒマもなくとりあえず猛ダッシュで係員さんと一緒に飛行機乗り場まで向かいました。

 

 

HIRO
HIRO

いや、本気でありえへん!!

 

NAE
NAE

その節は大変ご迷惑をおかけしました…

 

ここからまさか8年もメルボルンで生活することになるなんて…

人生っておもしろいですね~。

 

前置きがかなり長くなりましたが、今回はそんな私が思う海外生活についてシェアします。

 

在住歴8年の英語力

 

これはもう何度も書いているので、みなさんご存知かもしれませんが、今でも英語はニガテです。

自分の思いを伝えるのことがすんなりできません。

 

8年も住んでたら英語ペラペラなんやろ~
勝手に話せるようになるんやろ~

 

って思ってるそこのあなた。

勝手にバイリンガルにはなりません。

海外育ちで英語が身近な人がプラスアルファ他の言葉(例えば日本語)を話せるなら、それはその家庭の努力の結晶です。

 

私も渡豪すぐの時は数年住んでたらその内、喋れるようになるかな~ってフワフワしていました。

 

NAE
NAE

当時の私、本当にバカ!!

 

ワーホリや、学生で海外生活を満喫中の人は、ぜひ、ぜひ、少しでも若いうちにしっかり英語の勉強をしてくださいね。

効果的に勉強すると意思疎通の会話くらいすぐできるようになりますよ!

 

海外に行ってから勉強するのではなく、日本にいながらでもできることはたくさんありますよね。

 

 

\話せる夫の勉強法はコチラ/

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネイティブキャンプ英会話📱(@nativecamp)がシェアした投稿

 

最近ではオンラインで学べるツールも増えていますよね。

友人がこの「ネイティブキャンプ」を使用していて、おススメだよ!と教えてくれました。

 

私自身はこのコロナ禍を利用して(?)自分の英語力アップと資格GETの為に学校に通い始めました。

 

 

これで在住10年目には英語は友だちになっていることでしょう!(笑)

 

考え方と捉え方

 

オーストラリアに来て一番強く感じることは多様な社会の中で生きているということです。

オーストラリア、特にメルボルンは移民から成り立っている国です。

その中で日常生活を送っているとどんな風にかわっていくのでしょうか?

 

+たくさんの文化にふれる

移民の国で生活をしていると、

英語が第二言語
親(または祖父母)の出身は違う国

なんていうのは当たり前です。

そうなってくるともちろん様々な文化や宗教が入り混じってきます。

 

いろんな考え方が尊重されているので、各国のおまつりや、パレードが行われたりします。

 

保育現場でも多様な文化に触れるというのはとても大切なことだと考えられています。

日本生まれ日本育ちだとなかなか他国の人と日常生活で触れ合うことって少ないですよね。(もちろん地域にもよると思いますが)

 

小さいうちからいろんなバックグラウンドを持った人がいるいろんな考えがあっていいんだと感じながら大きくなることは自分のアイデンティティを築くうえでとても重要なことのひとつですよね。

 

長女
長女

こっちゃんの保育園でのベストフレンドはインド人だよ!

 

NAE
NAE

いろんな文化に触れられて羨ましい!

 

私はオーストラリアに来てからはじめて

世界ってこんなに広いんだ!
いままでどんなに小さなコミュニティーで生活してたんだろう

と気付くことができました。

日本にいた頃は周りからどう見られているかというのにすごく神経を使っていました。

自分のためというか、周りにあわせるために、

「二ヶ月に一回は美容院へ行かなくてはいけない」
「おしゃれをしなくてはいけない」
「彼氏、美容、ファッションの話題に合せないといけない」
「愚痴を多めにしないといけない」

…などなど。

 

好きでやっている人もいると思うので、それを全否定するつもりはありませんが、私はあまり得意ではありませんでした。

でも、海外生活をしてみるとあまりにもいろんな人が多いので、自分の事なんてどうでもよくて、どう見られているかなんて全く気にならなくなりました。

 

どうでもいいと言うと語弊がありますが、自分の好きなように自分らしくいていいんだと思えるようになりました。

 

 

NAE
NAE

…もしかして、歳のせいかもしれませんね(笑)

 

+たくさんの思想にふれる

これまた私のおバカストーリーになるのですが、語学学校に通っていた時にベジタリアンの友だちがいたんですね。

ある日クラスルームで誰かが作ってきたケーキをみんなで食べていたんです。

すると、そのベジタリアンの子も食べ始めて、なんと私は「え!?ケーキ食べていいん!?!?」って聞きました。。。

その子は一瞬ポカーンとして「ぼくが食べないのは肉と魚だけだよ」と優しく教えてくれました(涙)

 

当時のおバカな私はベジタリアン=野菜しか食べないと思っていたんですね。

 

 

HIRO
HIRO

まじでちょっと引くレベル。。。

 

でもそれだけ、それまでの私の人生の中にベジタリアンやビーガンなどの言葉は存在しませんでした。

宗教の中で牛を食べないとか授業で習いましたが、昔の風習くらいに思っていました。

無知って恥ですよね。。。我ながら情けない。。。

そんな私が今ではお肉を減らす生活をしているなんて…

 

次女
次女

わらっちゃう~

 

 

いろいろな考え方に触れる中で環境問題についても真剣に考えるようになりました。

これは時代の流れかもしれませんね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

谷口たかひさ(@takahisa_taniguchi)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひろのぶ(@fujiwarahironobu)がシェアした投稿

 

私が応援する日本人活動家の谷口たかひささんと藤原ひろのぶさんです。知らない方はぜひ要チェック!

 

 

日本も環境問題に取り組んできていると思いますが、まだまだ先進国にしては劣るところが多いと感じます。こういうことを肌で感じられるのも海外生活を続けているからですよね。

 

 

これから住むところ

 

さんざんオーストラリアの良い所海外生活の魅力を話していますが、じゃあ今後もオーストラリアに住み続けるの!?と聞かれると、答えは…

分かりません!!

 

長女
長女

なんだそら~!

 

移民第一世代というのは正直、苦が多いです。

周りに頼れる家族はいない
大切な人の死に目に会えない
親孝行ができない
孫に会わせてあげられない

あげだすとキリがないのですが、やっぱり一番は日本にいる家族のことですね。

 

まだ夫婦二人だけだった時は良かったんです。

割といつでも好きな時に日本に帰れたし、そこまで家族の助けが必要というシーンがありませんでした。

だけど、子どもが生まれてからはまったく違いますね。

飛行機代も跳ね上がるし、体調を崩した時に気軽に預けられないし、孫とおばあちゃんおじいちゃんの時間を十分に持てないというのは、なんて自分は親不孝なんだろう…と感じてしまいます。

 

コロナのせいで日本一時帰国も中止になって、次女はまだ一度も日本に行ったことがありません。

 

次女
次女

はやく日本のご飯がたべたいわ~

親戚中が集う盆や正月、毎週末のように遊びに行っていたおばあちゃんのお家、いとこ同士のお泊り会…

そんな当たり前に私が経験していたこと娘たちにも経験させてあげたいです。

 

それでも私たちが今でも海外に住み続ける理由は、

子どもたちに可能性を残したいからでしょうか。

これについてはまた別記事にしようと思います。

 

ないものねだりといえばそれまでなのですが、

今ある環境遠く離れていても応援してくれる家族近くにいる助けてくれる友人

に感謝して、毎日を生きていきたいと思います。

 

ロックダウン中でストレスも多い日々ですが、振り返ってみて改めて今の幸せに気付けました。

とりあえずこのロックダウン中の目標は家族みんなの心と体が元気であることです。

 

 

家族
家族

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました