【税金のこと】メルボルンでフリーランスとして働く場合

《 AUS ・ 観光 》
スポンサーリンク

 

HIRO
HIRO

どーも、メルボルン在住の

庭師・ガーデンデザイナー,

ヒロシです。

 

メルボルンに来て早14年がたち、

少しずつ自分の仕事をする決意を固めました。

 

長女
長女

お手伝いする、がんばろー!

 

そこで、意外とわかってそうで

はっきり把握していない

税金のことについて

会計士さんと話をしてきたので

自分の理解を深めるためにも

ここにまとめておきたいと思います。

 

+フリーランスを始めたいけど何から始めていいかわからない方

+税金のことはわかっているけど、税金対策の仕方が曖昧な方

+会社員を続けながら副業でフリーランスを始めていこうと考えている方

 

1.フリーランスとは?

僕がここでいうフリーランスとは、

オーストラリアのSolo Trader (個人事業主)

 

会社に雇われておらず、自分でお客さんから仕事を貰い、サービスや商品を提供している人。

 

例えば僕の場合、

庭師 / ガーデンデザイナーとして

会社に属さず、

知り合いや、友人、

広告を見て連絡をくれた人、

などから直接お仕事を頂くため、

頑張っています。

+フリーランスに必要な手続き

オーストラリアでフリーランスとして

仕事をする場合、

  • ABN(Australian Business Number)
  • TFN(Tax File Number )

を登録する必要があります。

Tax File Numberはアルバイトなどでも必要なので

持ってる人は多いと思います。

 

TFNとは:

オーストラリアの税金と年金に使われる個人を管理するための番号です。名前や仕事、住所の変更に関係なく、1個人に1つのみ発行される番号。

 

ABNとは:

11桁のオーストラリアのビジネス登録番号。税金の支払いや領収書に記載されることでGSTなどの税金の管理に使われる。

 

取得はオーストラリア政府のサイトから

TFNはこちら  ABNはこちら

2.税金の違い(会社員とフリーランス)

+会社員として働いている場合

給与明細に会社が払ってくれた

税金の額がPAYG TAXとして

記載してあると思います。

 

会社から銀行口座に振り込まれる給与は

税金分がすでに引かれた金額なので、

会社員の場合ほとんど税金について

心配する必要がありません。

 

年に1度、タックスリターン

7月1日以降、10月30日まで

前年度の申請をおこないます。

 

タックスリターンとは:

払った税金が戻ってくる、と思っているかたも多いと思いますが、フリーランスの場合、会社から定期的な給料をもらっていない=税金も納めていないので税金額を収入に対して確定し、納税するのがタックスリターンになります。

+フリーランスの場合

利益経費をまとめて

収支(Profit and Loss)を報告し、

自分で税金を支払う必要があります。

 

なので、

収入の一部を税金の支払い分として

キープしておく必要があります。

 

3.支払う義務のある税金

+所得税Income Tax

フリーランスの所得税ですが、

これは会社員の人と同じで

所得額に応じた支払いになります。

 

大きく5つのレベルに分かれています。

Image from Australian Taxation Office 

 

もし仮に来年度の収入を

$90,000と想定する場合:

$3,572+ ($90,000 – $37,000) x 32.5c

= $20,797所得税支払い分となるので、

$90,000 – $20,797

= $69,203手取り額となります。

 

なので収入に対し22~23%ほどを

所得税支払い分に

キープしておくのが堅実です。

 

もし何かのサービスで$1000の収入を得た場合、

$220~230ほどは税金のためにキープしておくことになります。

 

$1000の収入があったからといて、

全部使ってしまうと

納税の時期に痛い目にあってしまうのは

あきらかですよね。

+消費税 GST (Goods and Service Tax)

GSTとは:

商品とサービスにかかる税金。オーストラリアで売られているもの、サービスのほとんどに対しての10%課税。野菜、水などの食料、教育、医療などにはGST非課税。

 

ビジネスでの総売り上げが年間$75,000を超える場合

GSTの登録と支払いが義務になります。

 

お客さんからもらったGST分を

口座に残しておいかないといけないので

 

例:$1000の商品/サービスを提供する場合、GST10%、つまり税金として$100をお客さんに請求します。

 

この$100ATO(Australian Taxation Office)に

支払うためにお客さんから預かっただけなので、

自分の収入(Income)とは考えず、

そっくりそのままキープします。

4.ビジネス収入とビジネス経費

雇用されている会社員との

おおきな違いの一つとして

家賃などの一部

ビジネス経費として

申請できます。

+家賃と光熱費

家で事務作業やデザインをしたり、

仕事に必要な道具、材料を置いておく場所

家全体の30%ほどを使用しているので

家賃と光熱費の30%

ビジネス経費として、

売り上げから引くことできます。

+車

仕事でお客さんのところに行ったり、

材料を調達に行ったりと、

車の80%をビジネスに使っているので

車の維持費登録料なども経費として

申請することができます。

車の場合少し複雑で、

  • ビジネス用に走行した距離を12週間記録しておく方法

もしくはその記録が無い場合、

  • 年間最大5000Km、64c/Kmを申請できる方法、$3400を車の経費として申請できます

+道具やパソコンなど

ビジネスに使用する道具やパソコン

僕の場合、電動ドリルなどの工具を使用するので

これらの購入費用も経費になります。

事務作業やデザインで必要なパソコンも

ビジネス用に使っているので

もちろん経費です。

 

このビジネスで使う道具で

$1000を超える場合は

ビジネスのAssets(資産)として

Depreciation(減価償却)を行います。

 

5.減価償却とSmall Business Pool

+減価償却(Depreciation)とは

コロナの影響で(2020年6月現在)

$150,000以下の物は、

Instant Asset Write-offが認められ、

100%その年度内に経費として申請できる

ことになっています。

 

つまり、政府の狙いとして

所得税を抑えることができるから、

ビジネスに必要なものにお金を使って

経済を活性化させよう!

ということでしょうね。

 

2020年7月以降は、

$1000以下の物

100%を今年度に経費として申請できますが、

$1000以上の物は減価償却で

初年度15%、翌年度から30%ずつの

減価償却で経費として申請できます。

 

この方法をSmall Business Poolといい

$1000以上のビジネスに使用するアイテム

全てこの方法で計算し、

毎年経費として申請できる

というシステムです。

 

この方法を使用しない場合は

ATOが定めた減価償却にかかる期間が

アイテムによって定めてあるので

物によってパーセンテージが変わり、

非常にややこしいです。

6.まとめ

  • フリーランスとして働くためにはABNとTFNが必要
  • タックスリターンは7月1日から10月31日までに
  • フリーランスの場合、所得に応じて税金を自分で管理&支払い
  • GSTの登録、総売り上げが$75000超える場合は義務化
  • 家賃や車の維持費をビジネス経費にできる
  • コロナの影響で年度内に減価償却できる額が引き上げ(2020年6月現)
  • 通常$1000以上のビジネスに必要なものは数年かけて減価償却
  • Small Business Poolでシンプルに減価償却できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました